こちょこちょとは

 
こちょこちょは、
デザイナーの「のんちゃん」こと、谷尾展子が手がける、
ものづくりのブランド。

こちょこちょのもにづくりは、
素材づくりからはじまります。

こちょこちょの手刺繍は、
下絵を描かず、
谷尾展子がダイレクトに布に針を刺してゆきます。

その姿は、
まるで、
絵描きがキャンバスに筆を走らせるよう。

一針一針、布に描いてゆきます。


こちょこちょのもうひとつのブランド「こちょこちょ藍」

天然藍染めのブランド「こちょこちょ藍」。

京都の職人技を伝承した技法で、
谷尾展子が自ら染めています。

鮮やかな藍の色を楽しむシンプルな「MUJI」シリーズ、
京都の絞り染めの技法を取り入れた「SHIBORI」シリーズ、
染めた布を貼付けて手刺繍を加えた「PACCHI」シリーズ。


日本人が育んだ、天然藍染は、
とても、鮮やかな色。

他のものに色が移ることもないため、
他のものと一緒に洗濯機で洗えます。


谷尾 展子

 
子どものころから、
お習字と、絵を描くことが大好きだった、
のんちゃんこと、谷尾 展子は、
京都生まれの、京都育ち。

大学卒業後、
布を染め、
刺繍を施し、
ひつじの原毛を紡いで、編んで、
京都、神戸で個展を開催。


2011年からは、
手刺繍ふきんを中心に、
かばんやポーチなどの布製品のブランド「こちょこちょ」と、
天然藍染のブランド「こちょこちょ藍」を立ち上げ、
見た目にかわいいだけではなく、
触り心地と機能性を大切に、
ものづくりに励んでいます。


東京・南青山「スパイラル」での個展、
東京・日本橋三越での個展、
手刺繍を中心にしたものづくりの「講習会」、
その場でリクエストに応える「ライブ手刺繍」、
雑誌『nid』とのコラボレーション企画、
cafe、食堂、雑貨店などのオリジナル商品の企画など、
さまざまな取り組みを行っています。